G3 WEB

筋肉少女帯の『生きてあげようかな』を聴くと 何度でも泣けてしまうようなブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パチ虎女子部
パチ虎女子部 (JUGEMレビュー »)
クレイアンヌ
パチンコ知らなくても、凄く笑える。
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
頭文字D

9/23 AMCなかま16にて観賞。

『愛についてのキンゼイ・レポート』がどうしても観たかったので、T・ジョイ リバーウォーク北九州に行こうかと思ったんスよ。金曜日はメンズデーだし今日で上映終了だし。で、上映時間を調べたら、朝の8:10から1回のみ。夏休みのラジオ体操じゃないんだからよ、誰が朝の8時に上映開始の映画を観に行くんだっつーの。ちなみに『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』も同時刻スタート。ご苦労様。

てなわけでキンゼイを諦め、夕方からゆったりとご近所に出掛けたんスよ。原作、TVアニメ未体験、2001年に劇場公開された『頭文字D Third Stage』以来のイニD体験です。はっきり言って自動車という乗り物には全く興味がございません。そんな僕だけど、良くも悪くも香港映画テイスト満載でありながら、舞台は日本、キャラクターも日本人、クルマも当然日本車と言う完全原作準拠な仕上がりに驚愕し歓喜の声をあげたんスよ。

主人公の拓海(アジの無い顔のジェイ・チョウ)はゲロを吐きます。その友人の樹くん(憎めないデブ)もゲロを吐きます。1シーンで何度も吐いた挙げ句、その後のシーンでもまだゲロ吐いてます。香港映画とゲロ吐きは切っても切れませんもんね。それからヒロイン(鈴木杏)を酷い扱い方して突然「終」。シーン毎のブツ切り感含め、香港でしょう?それなのにみんなエネオスのガススタンドで働いてるし、ローソンで立ち読みしてたりするから不思議な感じがする。話としては童貞高校生の、ほろ苦い夏休みの思い出ってだけで箸にも棒にもかからないんスけど。

映画のキモとなる、何度も行なわれる峠バトルはまあ興味ないから退屈しませんでしたとしかコメントできません。あと杏ちゃんが「スゴくセクシーな水着買っちゃった」と言っていたのに全然セクシーではない水着だったのがショック。本当に好きな男の前ではアレやらコレやら簡単に披露できないって乙女心なのか。

まあ、当初の目論見通りアンソニー・ウォン(主人公父)とエディソン・チャン(主人公ライバル)の格好よさが別格だったのでそこだけでオススメですわ。『同じ月をみている』のエディソンも楽しみよ。

スポンサーサイト
- | 16:08 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://og3.jugem.cc/trackback/161
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.