G3 WEB

筋肉少女帯の『生きてあげようかな』を聴くと 何度でも泣けてしまうようなブログ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パチ虎女子部
パチ虎女子部 (JUGEMレビュー »)
クレイアンヌ
パチンコ知らなくても、凄く笑える。
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ALWAYS 三丁目の夕日

12/1 ユナイテッド・シネマ16にて観賞。

やっと観た。観終わって驚いた。監督・共同脚本は『ジュブナイル』『リターナー』など、面白いはずなのに何かが足りなくてイマイチな出来を繰り返した山崎貴。そんなSF特撮野郎が特撮技術を駆使して撮った東宝スコープ作品。

とりあえずひとこと、素直な感想を。

今年のベストはこれ。決めた。

『ミリオンダラー・ベイビー』より、ビデオで見た『バス男』(ナポレオン・ダイナマイト)より衝撃を受けた。これが映画ってもんでさぁ。

スポンサーサイト
- | 16:37 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://og3.jugem.cc/trackback/201
「ALWAYS三丁目の夕日」という映画について、もっと知りたくなって 映像プロダクション白組に勤めている弟から資料を送ってもらった。 資料には、この映画づくりの裏話・エピソードなどがたっぷり詰まっていた。 監督・脚本・VFXを山崎 貴という人が担当していた
MOONの似顔絵エッセイ | 2005/12/05 12:37 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.